小人数で活発な情報交換会に

2018年12月15日、東京ブラック青山5Fでクリスマス交流会を開催、

医師1名、患者・家族合わせて14名が参加した。

小人数ながらも内容の濃い情報交換の場となった。

医師によるわかりやすい基礎知識の説明

2018年春大阪でHAE専門外来を立ちあげた岸和田徳洲会病院の

救急救命センター薬師寺康匡医師による浮腫のなりたちや、

新薬に関する自己タイミングのポイントなどの解説は、

参加者たちから大変好評で予定時間の15分を遥かに超える1時間もの間

質疑応答が続くほど。講演会を受け身で聴くのではなく、

患者自身が学び、より良い治療を積極的に実施していきたいという

想いに溢れた時間となった。

薬師寺医師の話を聞く参加者