第2回 HAE患者会 in 東京
HAE Patient Advocacy Meet-up in Tokyo

2015年 1月12日(月・祝)13:00開始(受付12:30~)

●お礼の言葉●
第2回HAEJ患者会が、会場満員御礼の中、無事終了いたしました。
寒い中、東京近郊の方だけではなく、東北・関西・山陽・九州地区と、全国各地から患者さん・ご家族もご一緒にご参加いただき、医師・製薬会社の方も含めた交流を持つことができました。

また、患者会前日には医師を中心に海外の研究者と日本国内の第一線でHAEの研究をしている先生方のワークショップも行われ、大変熱い質疑応答が繰り広げられておりました。

詳細はHAEJニュースレターとしてレポートさせていただければと思います。
ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

また、お申し込みメールに関して携帯電話のアドレスの方にはこちらの返信が届かなかった方もいらっしゃるかと思います。
今後申し込み方法も含めて対応を改善していきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

●講演詳細について●

第一部では、基調講演が二本立てとなります。
まずはじめに、カリフォルニア大学、サンディエゴ大学の医学部教授、
Bruce Zuraw氏をスピーカーに迎え、「全てのHAE患者が知っているべきこととは ~基礎・現在の治療方法、将来性について~」をテーマにご講演いただきます。
また、次に、HAEi(HAE international:HAE国際患者会)より、理事長の Anthony Castaldo 氏と、同事務局長のHenrik Balle Boysen 氏をお迎えし、「HAEの管理について、患者の立場から ~ヨーロッパとアメリカでの管理と治療方法~」をテーマに、ご講演いただきます。

第二部は、前回大好評の交流会です!
みんなどんな症状があるの?薬は何を使っているんだろう?1人で辛かった…等々、ざっくばらんにお話しながら交流を深めましょう!
この交流(トーク)の時間は、本当にあっという間に過ぎます。
お茶やお菓子を楽しみながら、気軽に話し合いましょう!

詳細は下記のPDFパンフレットでもご覧いただけます。是非ご家族ご友人にシェアしてください。

日本語はこちら:
[wpdm_package id=’2314′]

English version
[wpdm_package id=’2317′]


講師のご紹介

Bruce Zuraw氏
カリフォルニア大学、サンディエゴ大学医学部教授

Anthony Castaldo氏
HAE国際患者会(HAE international : HAEi)理事長

Henrik Balle Boysen氏
HAE国際患者会(HAE international : HAEi)

事務局長


場所:順天堂大学医学部 9号館4階第1会議室

   東京都文京区本郷2丁目1番1号

定員:40人

参加費:無料

※当日日本語通訳あり。

※遠方者の交通費支給相談可。